ご指名NO1によるAVAを中心としたブログです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
ちょこちょこ書くかも
だいぶ放置してましたが、ちょこちょこ書くかも。
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
さよならm4
m4・・・・さよなら。

中距離が散弾しますねー。
近距離ならいけるけど、どうせparaと打ち合うことになるし、
火力的に不利です。

というわけで、新しい武器探しの旅。
とりあえずFAMAS使ってるけど、
ちょっとおもしろくないな。

縛りがないときはアリゲータとかFGかなぁ。
まあ、RSTでてないので、縛りもくそもないです。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
大人の階段
かなり久々に更新している。
ふと、何か書いてみたくなった。

と、思えば今日は自分の誕生日。
四捨五入すればもう40歳。

2年前の今日は、死ぬかもと思った恐怖を味わったな。
歩いて誕生日を迎えたのを今でも覚えてる。
コンビニには何もなかったなぁ。
電池が売り切れているのをはじめて体験した。

いろいろと身辺で変化が起こり環境が変わった。
まず、独り身でなくなったこと。
住み慣れた関東を離れたこと。
仕事が変わったこと。

人生の岐路なのか帰路なのかわからないけど、
とにかく自分の立場がかわったと実感した。

子供のころ、子供の視点で見た映像。

祖父・祖母 - 父母 - 子供

子供は親に甘え、怒られ、感謝する。
父母は祖父母を敬い、慈しみ、労わる。
祖父母は孫をかわいがり、親を懐かしみ、死んでいく。

ずっとオレは子供の視線で、子供の立場で30年以上生きてきた。
そのうち祖父母がいなくなり親がおいていき、自分が親になっていく。

子供の立場から親の立場になることに戸惑いを感じている今日この頃。
すべてが自分の時間であり、自分のものであり、自分のためであった立場が、
誰かのための時間であり、だれかのためのものであり、誰かのために多くが裂かれていく。

とまどっている。モラトリアムだ。

自分の時間を親になっても確保するのが現代社会の親だろうか。
親になって、あきらめることも必要なのだろうか。
幸か不幸かまだ親にはなっていないが、そのうち否応なしに親になるのだろう。
オレの夢は俺の夢。

家族は・・・なんだろうな。

独身時代、下手は下手なりにAVAがんばった。
理論的には多くのことを勉強し、研究し、頭の中でボードゲームができるくらいに
なったと思う。

ここ1年はまともに活動できなかった。
ちょろちょろまったりでやってたけど、
燃えるものがない。
面白くない。
中途半端だ。

そろそろ潮時かもしれないが、もう一度最後にね。
燃焼したいね。

体育会系で育った俺だから。
とことんまで突き詰めたい性分。

だが、突き詰めるためには時間が必要。
現実と戦う毎日。

こればかりは、一向に立ち回りが上達しない。

ごめんよ、奥さん。
もうちょっとだけオレのわがままに付き合ってください。
あと1年、後半年、または・・・あと3ヶ月でもいい。

やりきってから。

ともにスタートを切ろう。
リアルで「家族」のクランをつくろう。

それまでは。。。ね。

誕生日おめでとう。

オレ。

P.S.
だるまにハートの目が入るときを見届けることはできるだろうか?
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
speed star ☆ミ
最近CWで結構PMやってます。

 以前は苦手だったんだけど、ちょっと無所属の間に野良護衛でPM縛りで練習してました。結構スコア取れるようになってきたし、何より打ち合いにまぁまぁ勝てるようになってきた。
 きっかけは、とある人のブログの一言。有名人じゃないけど、拾い読みしてたらヒントがあった。やってみたらしっくりきて、スコアが1.5倍くらいのびたかなぁ。以前ならここ打ち負けたなぁと思うところで打ち勝てたり、HSの確立がかなりあがった。
 
やっぱ、いつでもアンテナ張っておくことは大切だ。

 PMは死に役とよく言われますが、確かにそういう面もあると思うけど、今はよく考えてやっている。PMの最大の役割は、エリア確保。相手より早くエリアを確保し、ニュートラルゾーンをセーフティーゾーンに変えることで、攻守にわたり、チームの戦術を広げることができる。

 そういう意味で言うと、最低限1-1交換くらいのAIMがなければ、PMはやれないと思う。死ぬのは仕方ないけど、PMの距離で戦うならやっぱり、勝てなきゃ。そういう意味で、護衛で少し鍛えたからようやくPMをやることができるようになってきた。

 マップによってPMが生きるマップと、あまり必要ないマップがあると思う。常時使い分けてるけど、HBとBSはPMが花開くマップだよね。
 こういうPMが生きるマップは逆を言えば、PMが取るべきエリアが試合の展開を左右するといってもいいと思う。HBなら倉庫で、BSなら冷却。
 このマップでは、いかに序盤のラウンドで、相手に「あのPMめんどいからちょっと無理かなぁ」と思わせることが大切。思わすことができれば、心理的にプレッシャーをかけることができて、エンカウントなくエリア確保ができるようになる。圧倒的なプレッシャーを序盤にかけられれば最高だね。

 開幕エンカウントして、2人抜けたら、そのままつこめるのがPMのいいところ。足が速いし、相手もシフト最中でバランス崩れてるからね。このとき肝心なのは、「死なないこと」だと思ってる。
 拠点でのエンカウントは、比較的近距離~中距離だけど、拠点からのシフト時はロングレンジになるから、PMには最も不得意な距離。だから、無理して戦うことは避けたい。ただ、相手をひきつける役割は有効だから、チョイチョイ出撃ちとか、走り回って、かく乱するとかが有効。それに合わせて見方が何とかしてくれる。
 
 爆発的なスコアやフラグトップは見込めないけど、チームの戦術を豊かにできるという意味で、PMがいるとちょっとチームの展開がかわると思ってる。展開が速くなりがちでSRの人は大変だと思うけど。

 同等レベルのクランにはある程度通用することがなんとなくわかったから、上位クランとの対戦でどれくらいいけるか試したい。

 BGMがあるとノリノリのドライブ気分で突っ走れる!
 『stanby OK! ごしめい、いきま~す!♪』
別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0
でかるちゃぁ
ひとりavaも飽きてきた土曜の昼下がり。
気晴らしになにか映画でもないかなぁと探したら、とあるアニメを発見。

「なになに?第1話は無料?よしよし見てみるか」

と見始めたのが最後。

全28話を1800円で購入しノンストップで見ちゃいました。

「マクロスFrontier」


初代のマクロスは、VHSで持ってました。
おもちゃも持ってました。

マクロスの特徴は、初代もフロンティアも「歌」
豪華だよね。

アニメの歌は、ほとんど知らないし、アニメ自体も見ないけど、なんか元気が出る。
気持ちをアゲアゲに持っていくときはいいかもね。

でかるちゃぁ♪
どういう意味だ??
別窓 | 雑談 | コメント:0 | トラックバック:0
| ご指名ありがとうございます。 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。